2008年2月14日 (木)

ご無沙汰しております

おほほほっ、ちゅ~でございます。

無事に海外生活を送って、第2子まで産んで

なんとか楽しく毎日を送っています。

ふと、ずいぶん前にほったらかしにしてしまったブログを見に来て

またちょっと書きたくなりました。

でも。。。。。

どのくらいの方が見に来てくれるのかしら?

書いた方が良い??

か、書いても良いですか??

ドキドキ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

北海道~知床

今日でもう帰るのかぁ…
来た時も信じられなかったけど、
帰るのも信じられないなぁ。

どうやら私は人より『慣性の法則』が強く働くらしい。

日常なら、ずっと日常が
非日常ならば、ずっと非日常が
「このまま続いていく」と言う感覚に陥りやすい。

どうやらどんな環境にもすぅっ~と入って
ピタッと馴染んでしまうのが私の特質のようだ。
この性質って良いんだろうか?悪いんだろうか?

バイキングに飽きた私達は
朝市で腹ごしらえをして
遊覧船に乗り込んだ。

本当なら知床五湖を自分の足で巡ってみたかったのだが、
約10キロのかいくんを抱っこして
ハイキングする体力も勇気もない。

船上から強風にあおられつつ
甲板に出て、手付かずの自然の
世界遺産を目の当たりにしてきた。

知床半島の先端は道がないため
海上からしか見ることができないと言う。

国後島がぼんやりと向こうに見える。
その近さが意外でもあり、
間に横たわる領土の問題の深さに一瞬ぐらっとした。

女満別空港から岐路に着く。

「ずっとこのまま旅を続けていたかったよ…。
旅回り一座になるのも悪くないね。」
そう言う私に

地に足の着いた夫は
「オレはイヤだけど…」と、あっさりのたもうた。

ざ、残念…
そう言うわけで私達は現実の世界に戻ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

北海道~摩周湖

北海道は美しい湖が多い。

昨日は「オンネトー」と「阿寒湖」に立ち寄り
その静寂の空気に存分に浸ってきた。

今日は打って変わって「屈斜路湖」で砂湯を味わう。

もしかしたら「クッシー」が出てくるかもよ?
あれ?「クッシー」じゃない?
ほら、動いたよ?

なんて言う私のアホな発言は
コトゴトク夫に抹消され、無視されて足元にバラバラ落ちていった。

ちぇっ。
良いもん。
最初から受けるとは思ってませんでしたよ…

気を取り直して、摩周湖に到着。

「霧の摩周湖」と異名を持つだけあって
『最初に来た時に綺麗に見えたら晩婚』という話もあると言う。
14

私が最初に来た時は霧がかかってホントに何にも見えなかったよ、
と言うと

オレが最初に来た時もこうやって綺麗に見えたよ!
その二人が結婚してるんだから、晩婚説はかなり怪しいね

いや~、もしかしたらかいくんは晩婚かもよ?

などと
他愛もない会話をしつつ
吸い込まれそうなほどの美しい湖面に見とれて

気がつけばもうこの旅行も終盤になっていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

北海道~移動日

今日は移動日。

せっかくの旅行の一日を
そんな風に過ごしてしまって良いのか?!と思うけれど、

ミーハーな私達は今、話題の
「旭山動物園」と「知床」を両方見たかったのだ。

すべからく、その点と点を結ぶべく
今日は移動する途中で
適当な「牧場」や「湖」にでも寄って、
何か面白いものがあれば、それでラッキー♪と言うプランにしたのだ。

元々、癒されるために北海道に来たんだし、
かいくんがいるから無理はできない。

アクセクしないでのんびり行こうよ!

13

ちょうどガイドブックに載っていた高原牧場に立ち寄ってみたら、
見渡す限り牧場なのに、いるのはこの馬が4頭だけ。
目を凝らすと遠くの方に
もしかして牛かなぁ?と思しき影が…

いや~、北海道はスケールが違うね。

しばしそこに佇むものの
他に見るものもないので
つまらなくなった私達はさっさと牧場を後にして、ひたすら走る。

「高速道路がないから今日中に宿にたどり着けるかね~」と
心配していたが、どうやら大丈夫らしい。
だってみんな公道を100キロ以上出してかっ飛ばしている。

80キロ前後でビビリながらミニバンを運転している私に
後ろから軽自動車がガンガン追い越しをかけてくる。

ひ、ひぇ~、北海道ってすごいところだよ

ここの制限速度は何キロなんだよ?
走っても走っても標識は全く出てこない。

ドライバーの力量と常識の範囲内で、ってことかしら?

のんびり行くはずが、結局アクセク走ってしまう私だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

北海道~旭山動物園

昨日はかいくんと一緒に倒れこむように
21時頃から眠ってしまった私達。

かいくんも初めてのベビーベットに慣れなくて
結局私のベットでグズグズしながら眠ったが
「旅行」に来ているのがわかるのか
夜以外は終始ご機嫌にしている。

バイキングでモリモリお粥や卵を平らげ
大嫌いなはずのチャイルドシートにも
大人しく座っている。

実はこの度フライングでチャイルドシートを
前向きにしてみたのだ。

これが、大当たり♪

パパやママは見えるし、
必ずどっちかが隣に座ってるし、
車窓からの風景も快適なようだ。

いや~、良かった。
この5日間、かいの号泣をBGMにドライブするのは
非常に辛いなぁと思っていたのよ。
かいくんがご機嫌だと
みんな幸せな気分になるから、どうぞ笑っていてくださいな♪

富良野で「北の国から」のロケ地を冷やかし、
本日のメインイベントの「旭山動物園」へ到着。

マスコミが大絶賛しているのと
お盆・夏休み期間だというのと
今日から『ホタルの小道』と言うイベントがあり
『夜の動物園』が開催されて閉園時間が21時という事も相まって、

物凄い人・人・人……

ひゃ~、着いただけで疲れたね。

12_1

先は長い。き、休憩しよう!そうしよう!

長蛇の列で、お弁当を手に入れ
空いている席を探し
早めのランチをとった。

かいくんはキューピーの離乳食を
嬉しそうに食べている。

12_2

ペンギンが空を飛ぶように
ビュ~ンと泳いで行っても

アザラシがつぃ~っと
魚眼レンズのような筒を潜って行っても

白熊がザブンと飛び込んでも

感動し喜ぶのはパパとママ。
かいくんは至って冷静に動物をジッと見ている。
ははは、きっと何かは感じているんだろうね…

夜も更けて、待ちに待った「ホタルの小道」を歩く。

ビニールハウスのような空間に無数のホタルが放たれ
木の上にも、石畳の上にも、そこらここらで
ホタルが「ほわぁ~」と光っては消える。

目の前を光りながら、すぅ~っと横切っていく。

その光は想像していたよりも小さくて
飛び交う様はとても幻想的で、はかなくて、

久しぶりに心から感動してしまった。

産まれて初めてのホタルをかいくんと一緒に見れて
ママは本当に良かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月11日 (金)

北海道~空港から美瑛

まだ暗いうちから羽田に車を飛ばして
7時台のフライトに滑り込む。

かいはパジャマのまま車に移され
目を覚ましたら空港にいるので高い天井を
ただ不思議そうに眺めていた。

初めての飛行機で「耳抜き」できるかなあ?
痛くないかなぁ?と心配したが
本人は客室乗務員のお姉さんに夢中で
笑顔を勝ち取り、絵本を貸してもらい、おもちゃをもらって
終始ご満悦だった。

「ほら、かいくん、窓から雲が見えるよ~」って言ってるのに、
全く興味なし!
あなたにとっては、雲よりスッチーの方が良いよね…(呆)

そんなことを言ってるうちに
来てしまった、着いてしまった、北海道♪

「美瑛」も「旭山動物園」も「知床」も見たいなんて
北海道横断の欲張りプランに
まんまと乗ってしまった夫よ。
これから5日間は走って、走って、走るんだよ~
ふふふっ

レンタカーを借りて
大自然の中、ひたすら車を走らせる。

「親子の木」に着いて親子3人で写真を撮り
「ぜるぶの丘」でジンギスカン丼を食べながら
「じん、じん、じんぎすか~~ん♪
 (恥ずかしいので)小声で歌う私に
夫は満足そうにニコニコ笑っていた。

アチコチで車を止めて、観光地ではない
北海道の自然を眺める。

どこまでも広がる地平線と
果てしなく続く空にかかる雲と
顔をなでる風に
大自然を感じ、心の澱がとけていく気がした。

ああ、来て良かったね
空気が美味しいね
風景が目に優しいね

多少、強行軍の観は否めないけど
こうでもしないと遊べないもん。

今夜はお寿司やさんで奮発して
ウニ丼&ウニいくら丼で豪勢なディナーだ♪

ブログ用にかいくんとウニ丼の写真を撮ろうとしたら

11



ガシャ~~~~~~~ン

かいの左手が素早くお椀をひっくり返し
テーブルの上から畳まで
そこらじゅうにお吸い物が散乱した。

ポタポタと滴るお吸い物と
転がるお椀と
それで遊ぼうと暴れるかいを必死で押さえる夫を
とても情けない気分で眺め

「ブログ用の写真なんか撮ってるからだろ!!」
「ちゃんとかいくんを抱っこしててよ!!」
と喧嘩しつつ
お店の人に必死で謝り、交代で畳を拭いた。

あー、もうー、せっかくのデラックス・ディナーだったのに…

赤ちゃんとの外出って
一時も気が抜けないわ…と思い知った出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

歯みがき大好き♪

まあ、なんて良い子なんでしょう♪

かいくんは歯ブラシが大好きだ。
この噛み心地がたまらなく好きなようで
寝る前のミルクを飲んだ後

「はい、どうぞ!」と
歯ブラシを手渡すと
真剣な表情でガッシガシと磨いている。

心なしか「同じところばかり」磨いてる気が…
なんてことはお構いなし。

勢い良く、唾を飛ばし
10分以上ガッシガッシ、ゴッシゴッシ

「はい、良く磨けたね~」
仕上げ磨きはママが…

と思うと物凄い抵抗にあう。

身体をよじり、寝返りをして
大声を上げて口をあけるのを拒否し
スタコラサッサと逃げていく。

あらら…

ヨッコラショッと羽交い絞めにして
ウギャーウギャー叫ぶかいの口をこじ開けて…
ハミガキ綿棒を
イヤならハミガキガーゼで…

どちらもお嫌ですか?

はふぅ~
5秒と持ちません。

こんなケアでどうか虫歯になりませんように!
もはや神頼みしかない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

麦茶をダッ~

「もう!!飲まないんだったらやめなさい!!!」
「食べ物で遊んじゃダメッ!!」

お茶をあげると
ストローでちゅ~~~っと吸って
口に含んでから
ダッ~~~~~とこぼすのが今のかいくんブーム。

楽しくて仕方がないらしく
やたらとやりたがる。

喉が渇いてるときはちゃんと飲むから
明らかに遊んでいるようだ。

たっぷり入ったマグが空っぽになるまで
ダッ~と何回も何回も繰り返すので
着ているものやスタイは
ぐっしょりと麦茶を吸って茶色く変色し
普通に洗っただけじゃ落ちない。

この忙しいのに、もう!
あれもこれもハイターでつけ置きコースじゃない!
ったく!ヤメテよ!
と言う思いが私の語気を荒げた。

叱られて~~叱られて~♪

ベソをかいて立ちつくす姿にちくんと胸が痛んだ。

8





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

またしても荷造り

実家から帰ってきて荷をほどいたばかりだと言うのに
またしても荷造りだ。

今度は家族旅行。
11日から4泊5日で北海道に出かけるのだ♪

夫が3週間の出張で使った大きなスーツケースに
かいくんのありったけの着替えとスタイを入れ

北海道って言ったら
突然涼しくなるかもしれないから、と
長ズボンに靴下に長袖の羽織るものも入れて…
オムツとミルクとお菓子と哺乳瓶とオモチャを1つ…

なんてやっていたら、
スーツケースの片面はかいくんグッズで埋まってしまった。

こりゃ、大人は荷物を少なめにするしかないな…
でも赤ちゃんと違って1日に何回も着替えないから良かったよ。
ガシガシとかいくんを中心に荷物を作っていく。

えっと大体オッケーかな?
1日の行動を思い浮かべて…と

あ!
離乳食…

かいは既に3回食に進んでおり、5日分となると
何と大量のベビーフードを買わねばならないのか?!

クラクラっとめまいを感じていたら
グレープフルーツゼリーに釘付けの乳児が一人。

もしもし?
それ、ママのデザートですからっ!
しかもそこは一応食卓ですからっ!

そんな小言など馬耳東風のかいくんは
足をプ~ランプ~ランさせながら
「これどうやって食べようかなぁ?」と
眉間にシワを寄せて思案中のご様子でした。
5_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

なんちゃってミラー

車でのお出かけは欠かせないのに、
チャイルドシートに乗せたら
かいの号泣が止まらない。

オモチャを持たせても明らかに怒って放り投げる。
お茶を飲ませても怒り、マグを投げ
「ウォーウォー」と抗議の声をあげ、
ドンドンと足を踏み鳴らし
そして最後には号泣に変わる。

かわいそうなのと、うるさいのとで
運転に集中できず、非常に危険だ。

きっと身体を拘束されるのがイヤなのだろう。

まだ後ろ向きだし…
ママの顔も見えないし…

ボク、ハイハイしたいのに肩のベルトが邪魔だよ
なんでこんなところにいなきゃいけないの?
ヤメテー
タスケテー
自由が欲しいよ~

と言っているのに違いない。

ふぅ、何とかせねば…

100円ショップを歩いていたら
鏡とカンガルーの壁掛け入れ物を発見♪

これはまるで「ママ見てミラー」みたいじゃない?!

鏡を強力両面テープでしっかりと固定し
家にあったリボンで鏡を縛れば、
あっという間に「なんちゃってミラー」の完成だ。

これを後部座席に取り付けて
バックミラー越しにママと目が合えば
もしかしたら泣き止んでくれるかも?

試しに戸棚にぶら下げたら興味津々で寄って来る。
おほほほほ(つかみはオッケー♪)

300円で快適なドライブを手に入れようと目論む私だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«幻のお祭り